忍者ブログ
葬儀や相続、遺言、離婚、詐欺についてのブログ 新潟県三条市/牛腸事務所
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは

今日は葬儀の種類について最終回として綴ってみたいと思います。
一般に葬儀の種類というと、???となる方が多いでしょうが、実はいろいろな葬儀のやり方があるのです。
私が知っているだけでも10以上ありますので、3回のシリーズでお伝えしています

シリーズ完結後、これを元に自分らしい、または、故人らしい葬儀の方法を考えてみられては如何でしょうか。また、大まかな知識があれば、葬儀屋さんとのやり取りで皆さんの希望が伝えやすくなるものと思います。

◆ 自然葬

火葬後の遺骨を山や川や海などに散骨して自然に帰すことを自然葬といいます。
漁師さんなどの船乗りさんが亡くなった後に海に散骨したり、
映画「世界の中心で愛をさけぶ」のラストで、オーストラリアの大地に散骨したりすることなどをいいます。
この散骨は、葬儀屋さんによって取扱っていない場合もありますので、事前に確認された方がよいでしょう。

◆ 生前葬

読んで字の如く、生きているうちに行う葬儀のことです。
この生前葬を行うことのメリットは、お世話になった方々へ直接お礼やお別れが言える、といったことです。
戦後しばらくの間、今とは違った戸籍法があった時代、家督相続という制度がありました。
生前に家督相続した場合、前戸主(前の戸籍の筆頭者)は隠居という形で新戸主(長男など)の戸籍に入った訳ですが、この際に生前葬と似たような式典を行っていたようです。

◆ その他の葬儀形式

「無宗教葬」とは、宗教を一切取入れないで行う葬儀のことです。
自由葬に似たようなイメージがありますが、通常の告別式や追悼式のようなものだとお考えください。
特徴は、お経に代わる音楽を流すことと、焼香ではなく献花を行うことです。
更に告別式を無宗教とした場合、「○○氏を偲ぶ会」や「○○氏を送る会」などとした「友人葬」などと言われることもあります。


いかがでしたでしょうか。
これらはあくまで私本人が知っているだけの葬儀形式だけであって、まだまだ他にも地域色の濃いものや、海外式の葬儀、またはこれらを数通り組合わせて運営される葬儀、など様々な方法があります。

生涯で、自身が主役になれるは、結婚式と葬儀だけ

という川柳があるように、葬儀についてもご自身の葬儀スタイルと予算を事前に確認された方がよいでしょう。

以上で葬儀の種類については今日で終了です。
次回は詐欺について書いてみたいと思います。

それではまた。


ポチッとよろしくお願いします 今日もありがとうございます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL 
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
お天気情報
ブログパーツ
カウンター
最新コメント
[12/20 yume]
[08/02 管理人ごち]
[08/01 篠原]
[07/31 管理人ごち]
[07/31 篠原]
プロフィール
HN:
所長 牛膓 智
性別:
男性
職業:
行政書士 & 社会保険労務士  .
自己紹介:
私たち事務所の専門分野は相続遺言、離婚、年金についての相談と手続きです。
これら現場での経験談や、冠婚葬祭に関すること、時事ネタなどを中心に更新していく予定ですので、宜しくお願いいたします。
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ   [PR]